上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.31 写真で大喜利
IMG_4019.jpg
『異次元への入り口の穴、全開だっせ!』


Yahooのトップページの下の方に、
写真で大喜利の、コーナーがありました。
結構好きでした。
投稿者さん、とてもおもしろいですね。

なにか面白い写真ないかなぁ~っと探してみたのですが、
動物ものになりました。


IMG_4026.jpg
かづりん『ひぃ~ふぅ~』
ねこ『みぃ~~~!!!』



私はあまり大喜利のセンスがありません。。。







2012年も今日でラストですね。

ブログを始めることが出来て、
楽しい一年でした。

ブログを書くこと
写真を撮ること
2013年もマイペースに楽しみながら、
続けていけたらいいなぁ~と思います。



むぅ。
これからも、よろしくね♪






... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.12.25 東京ツリー
tokyotree.jpg

もみの木、もみの木、永遠に緑よ。
クリスマスはいかがお過ごしでしょうか。

写真は東京タワーの足下に立つ大きなクリスマスツリー。
この写真では暗くてよくわからないけれどクレーンを使って飾り付けられていました。
おじさんがたが街のツリーをワイワイ飾りつけしている様子はちょっと素敵です。

東京タワーはパリのエッフェル塔を模して作られたそうですね。
なんだか親しみやすくて好きです。

ちょっと前に、「エッフェル塔に集合する」という夢を見ました。
「どこにいてもエッフェル塔なら遠くからでも見えるから、迷ったらエッフェル塔に集合ね」
と約束をかわし自由行動をするも、さっそく迷って早々にエッフェル塔をめざす私。
エッフェル塔に少しずつ少しずつ近づいていく、ワクワクドキドキした夢でした。
パリに行ったことはないので想像の中のパリでしたが、いいところでしたよ。
市橋織江さんの「PARIS」の世界観だったかもしれません。
かづりんの夢の話を読んで思い出しました。

東京タワーも近辺どこからでも見えます。(たぶん)
ビルの隙間からたまにちらっと見えたりします。
今日もそこにいるなとほっとするような、
ああ東京なんだなと実感するような不思議な気持ちです。
スカイツリーの登場で存在価値が危ぶまれていますが
かわいいのでいつまでも残しておいてほしいなと思います。

日本中のクリスマスツリーはそろそろお休みの時間ですね。
すぐにお正月気分に切り替わる日本人のたくましさ、素敵です。
今年ももう少し、どうぞよいお年を。
2012.12.15 夢心
FH010016.jpg

FH010021.jpg

写真を、
『写心』と書いている、
雑誌?・・だったかな、なんだったかな・・・の、
言葉が、なんだか好きで気に入ってます。

そんな理由で、本日のタイトルをつけてみました。

本日は、夢のお話。

ドラマ、『悪夢ちゃん』に嵌ってます。

脚本は、大森寿美男さん。
評判のいい脚本家さんですが、
あまり作品を見ていなかったので、
しっかりと見るのは、今回が初なのですが、
はやり、面白い。

夢は割とよく見ます。よく寝るので。

12月に入ってからの、夢の例をいくつか書きます。

・嵐の大野君が出てきました。
 会話や内容は忘れましたが、
 なぜ、大野君がいるのか、不思議でしかたないまま、
 ふと、目が覚めました。
 時計を見ると、7時。
 その日は、月一早朝朝礼の日で、7時には家を出ないと行けない日。
 ぎゃぁ・・・
 なんだこんなで、7時半から始まる、朝礼に間に合いました。
 なんだこんなで、大野君、ありがとう!

・結婚式の会場。
 私は、純白のウェディングドレスを着ていますが、腕の太さが気になって仕方りません。
 私が主役?かもですが、親族の席に座っていて、妹と話してます。
 とても広い会場で、人(知らない人)も多く、大きな舞台があります。
 余興があってます。
 女優の栗山千明さんが、数人の男をたずさえ、余興をしています。
 栗山さんの鼻の形がきれいだなぁ~とうらやましい印象が残ります。

・仕事場です。しかし、家具などは、全く知らない場所です。
 昼寝をしていたのですが、11分ほど、寝過ごしました。
 会社のUさんとSさんに、「最近たるんでるんじゃないの」と責められます。
 謝る事はぜず、笑ってごまかし、必死に、その11分を残業して、
 無かったことにしようと、理由づけを練ります。
 目が覚め、時計を見ると、起きないといけない時間を11分過ぎています。
 ぎゃぁ・・・
 

私の夢は、ほとんど潜在意識の中にあるものが、作り出しただろうものと、
朝、起きないといけない時間に、布団の中で、グズグズしているときに寝坊するという夢を
見ることが多いです。

夢はほんと、面白いと思います。

・高校生の時にしてい部活、テニスの夢。
・卒業したはずなのに、まだ大学生で、単位が取れないと悩む夢。
・試験があるのに、全然勉強が全然できていない夢。
これらの夢を、定期的によく見ます。
目が覚めると、自分が今幾つなのか、分からなくなる時があります。
ほかにも、定期的にみるのがあったような来ましたが、忘れました。

夢は、基本的忘れていいものだと、考えています。

少し話がとびますが、昔なんかの番組で、
寝ている間に、『帰っている』ので、
寝るのはいいことだという話を聞きました。
(オーラの泉だったかな・・・)

寒く夜が長い、今日この頃。
温かい布団で、少し早めに、ゆっくりと寝るのもいいかもですね。

みなさま、よい夢を。

そして、悪夢ちゃんは、本日です。


むぅへ。
気が向いたら、ドラマ見てちょ♪
2012.12.10 うつわ
12gatsu.jpg

yanokohi.jpg


上の写真は福岡・平尾の松風園。
2年前の12月初旬、ちょうど今くらいの季節に撮ったものですが
きっと今年も色付いてさぞかしきれいだろうなと思いを馳せます。

下の写真は、最近購入した木の器と珈琲。
器は福岡・糸島で制作されている木工作家、矢野さんの方の作品です。
この世に生を受けて何百年と経っている木と語り合うように制作される方で、
初めて矢野さんの作品を見たときから
いつか自分の家でも使わせてもらいたいと夢見ていました。

昨年は松風園で、矢野さんの器を使ったお茶会の催しがありました。
「木は生きている素材。器になってからもパキパキ変化する。
大きな木の一部であったことを思いながら使う。」という矢野さんのお話とともに
形の素材も様々な木の器でいただくお茶は本当においしかった。
忘れられないじんと温かい時間でした。

福岡を離れた今、この手で作品に触れることはそうないだろうと半ばあきらめていましたが、
先日、東京での展示を拝見することができました。
今回が関東初の展示だそうで、ありがたい巡り合わせを感じます。
展示会場であるギャラリーの方が仰るには、矢野さんをご存知でないお客さんも
作品を手に取ると購入を決めてしまうとのこと。
すっと引き込まれてしまう不思議な魅力があります。

矢野さんの器でいただく珈琲は思っていた通り、とてもおいしい。
ずっと大切に使いたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。