上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
33170002.jpg

友人が出展している写真展に行ってきました。
よろず写真展「和ーそれから」

日常の
家族や恋人や友人や建物や風景やイベントや、
ごく普通の日常が写真に切り取られ、
展示されていました。
切り取られた日常は、きれいにプリントされ、きれいに飾られ、
正面から見てみると、なんだかとても大切で特別な日常に思えてきました。

一緒に行った妹は、田んぼで凧揚げをしている親子を見て、
「ちょうどこの時期に従妹の子供の○○ちゃんと○○くんと、ホント、こんな感じで、
 凧揚げしたんよ~」
って、自分の思い出に重ねて、喜んで私に話してきました。

人の日常。
ごく当たりまえの時間が、写真となって切り取られ、振り返ってみると、
とても大切で、特別で、愛しいものになると思いました。

そして、他人の日常でも、
自分の思い出と重なって、うれしくなるものなんだなぁって思いました。

写真展。
どの写真も、本当素敵で和みました。

是非、見に行ってください!!と、
言いたいところですが、期間が終わってます。。。
・・・・すみません・・・


この写真展を通じて、
私が好きになった数ある写真の中の
一枚について、
今回はお話したいと思います。


それは、
友人のご主人が、友人をモデルに撮った写真でした。

夕焼けに染まる穏やかな海辺の砂浜で、
のびやかに舞う友人の姿。

なんとも楽そう。
その日一日がなんとも楽しかったんだうなを思わせる一枚。
その日というのは、当たり前のように終わりを刻んでいくというのに、
残された写真は、永久的に、その楽しさを思い出させてくれる。

そんな一枚。


なんとも、それを撮るご主人の
『愛』があふれていますね。

と、ワタシは思いました(●´ω`●)ゞ

『愛』のこめられた、写真にはとてもかないません。。


男性が撮る女性。
女性が撮る男性。


私の周りでは、
男性が女性を撮る方が、
なんとなくこめられる『想い』が大きいような気がします。

その人を思う『想い』
写真への『想い』

いろいろあるのでしょうが、
男性の撮る写真には
女性にはない、感性があるのでしょうね。



そんなことを考えせられた写真展でしたo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o



むぅ~へ。バトンタッチっす~v

わたしは、撮られるむぅ~も好きだよ~ヘ(゚∀゚*)ノ



Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。